人生に価値を与えないリノベーションは行わない

01DSC01040_1s (1).jpgベースカラーは白、床材は無垢の木を、建具・巾木はシンプルな白か無垢材、木枠は清潔に。基本性能と機能美だけは確実におさえ、あとは住む方の個性にお任せし、自由な空間をお楽しみ頂く、このようなコンセプトの下、空間をつくっていきます。
シンプル化は低コストだけでなく、将来の汎用性、家具のレイアウトの自由度、お掃除のし易さ、ストレスの軽減など、住む人にとってメリットが沢山あります。
オーナー様としては一見物足りないと思われるかもしれませんが、趣向を排除した方が、賃貸用途においてはマーケット(借主様の需要)に合わせ易く、実需用途においては使い易い、将来販売し易いというメリットがあります。
特に投資用物件においては、お部屋を作り込まない方が、初期用費用と提供価格(貸出賃料)を抑え易く、もしくは将来の販売価格を手に届きやすい金額に設定しやすくなるので、リターン(純資産)を最大化させる目的にかなっていると考えます。

CDSC01040_1s (28).jpg「はっ?」というお声が大多数でしょう。
ではこのように考えた場合はいかがでしょう?
壁(間仕切りは)可動式の家具、カーテンレール、ロールスクリーンで代用できる、そして壁をつくるより格段に安価で施工できる。
住人は壁がない広いスペースを自由に、好きな家具をレイアウトして楽しめる。
掃除が楽で ストレスが減る
余計なモノを買う機会が減少し、経済的に余裕ができる。
失くすことによるデメリットは否定しません。でもあって当たり前の設備が本当に必要なモノなのかどうなのか一度疑ってみることは、新しい可能性を開くきっかけになる場合がることも事実です。

KIMG1158.JPG賃貸物件の場合は宅地建物取引士と賃貸不動産経営管理士が主体となって、マーケティング・施工管理・借主募集まで責任を持って業務を一括請負致します。
内装工事請負時と同時に賃借人募集を始められますので、早期に正確な物件情報を優良なお客様にお届けすることが出来ます。また、施工担当と募集担当は常に最新の情報を共有することで、内装完了まであってもお部屋の仕上がり具合(詳細)をお客様に説明することができるため、工事完了前にお申込を頂戴するケースは少なくありません。
実需物件の場合、一級建築士が主体となって、あなたの理想の空間を手にするお手伝いをさせて頂きます。当社の協力設計事務所の担当者の作品(リノベーション住戸)は、雑誌に掲載されたり、TBSの王様のブランチからの引き合いがあったりと、その美しさには定評のある一級建築士です。

寝室にて(1).jpg簡単なスマホの操作で天井から音楽が流れてくる。特別な施工は必要なく、今ある電球を変えるだけで、ダイニングでカフェミュージックを聴きながらゆったりとした朝食を、リビングで家族と一緒に皆が好きな音楽を聴きながら談笑を、寝室で心落着ける自分だけのとっておきの歌を聴きながら心地よい眠りを、そのような暮らしが今日からできます。
その他にも落書きできる魔法の壁や、マグネット式の便利なコートフックなど、あったら嬉しいインテリアアイデアを共有してきます。

施工事例(こちらをクリック) ☛ PDF写真